コンタクトレンズ

なぜコンタクトレンズで眼に障害がおこるのか?

コンタクトレンズは眼の角膜の表面に装用されます。

角膜は透明できれいな膜です。角膜の中には血管が存在せず、血液が流れていません。このため角膜への栄養や酸素は、血液からではなく表面を覆う涙から受け取っています。

コンタクトレンズを装用すると、裸眼のときよりも角膜への酸素の供給が少なくなり、角膜にキズが生じやすくなります。

このためコンタクトレンズに求められるのは以下のようになります。

  • レンズ自体が酸素を良く通す素材であること
  • レンズが眼に正しくフィットし、涙液交換が良好であること
  • レンズの汚れがないこと

コンタクトレンズの合併症

1.点状表層角膜症

点状表層角膜症

比較的多くみられる角膜障害で、角膜表面が部分的に傷ついた状態です。コンタクトレンズの長時間装用による酸素不足や、レンズのフィッティング不良、レンズの汚れなどが原因となります。

2.角膜潰瘍

角膜潰瘍

コンタクトレンズ装用による酸素不足から角膜に障害が生じ、そこに細菌が感染して発生します。重症の場合は角膜に穴があいてしまい、失明にいたることがあります。抗生物質で治療しますが、治っても角膜に濁りが残る場合もあります。

3.角膜血管新生

角膜血管新生

本来角膜には血管が存在しません。コンタクトレンズの連続装用により角膜が酸素不足になり、周りの結膜から血管が角膜の中に侵入してくる状態です。透明な角膜も濁り、視力が悪くなることもあります。

4.アカントアメーバ角膜炎

アカントアメーバ角膜炎

アカントアメーバは土の中や水の中など自然界に広く分布する原生生物です。我々が日常使用する水道水の中にさえ存在しています。
通常は人体に害はありませんので心配はありません。

しかしコンタクトレンズにより傷ついた角膜にアカントアメーバが侵入すると強い痛みと角膜が著しく濁る炎症が進行し、強い視力障害を残します。

効果的な薬がなく、治療は大変困難です。

コンタクトレンズの合併症を予防するには

  • 眼に正しくフィットしているコンタクトレンズを使用する。

矯正視力が良いだけでなく、涙液交換が良いレンズを選ぶ必要があります。このためには眼科医によるレンズの処方と定期検査を受けましょう。

  • コンタクトレンズの装用は正しくおこなう。

いまや主流の使い捨てコンタクトレンズですが、1日タイプ、2週間タイプ、1ヶ月タイプなどさまざまな種類があります。使用期限を過ぎたレンズは汚れていることが多く、角膜感染症の危険が増えます。期限内のレンズも装用時間が長かったり、装用したまま寝てしまうなどもトラブルの原因になります。

  • コンタクトレンズのケアを正しくおこなう。

1日タイプ以外のコンタクトレンズは、レンズ用の洗浄消毒剤を使います。洗浄消毒剤の誤った使い方をすると、コンタクトレンズやレンズケース内に細菌やアカントアメーバなどの病原体が侵入して感染を起こすことになります。
名和クリアコンタクト